2007年04月04日

「あなたの生命保険は大丈夫?」自分でできる!【賢い生命保険の見直し】

「あなたの生命保険は大丈夫?」自分でできる!【賢い生命保険の見直し】


いきなりですが、「あなたはなぜ生命保険に加入しているのですか?」と聞かれたらどう答えますか?
「死んだときや病気になったときに家族が困るから」という答えが多いと思います。
私もそうでした。

では、「死んだときに必要な金額(必要保障額)ってどれくらいだと思いますか?」
この質問にはなかなかすぐには答えられないと思います。私も友人のファイナンシャルプランナー(以下FP)に聞かれ、「うーん」とうなってしまいました。必要な金額ってすぐには出てこないですよね?

日本人の約9割は保険に加入しているそうですが、加入している保険の内容や必要保障額を把握している方は少ないと思います。 というのも、生命保険の契約というのは、G・N・Pでの契約が多いそうです。
G=義理、N=人情、P=プレゼントだそうです(^^ゞ

私も、最初に入った保険は、新卒で入社した会社に出入りしていたN生命のおばちゃんにしつこくつきまとわれたからでした。
  「若いうちじゃないと生命保険には入れないわよ!」
  「給料の中から1〜2万円は払えるでしょ?」
  「あなたくらいの年齢なら2000万円くらいの死亡保障があれば大丈夫よ」
言われるがままに契約しました。
  「契約してくれたら何か買ってあげるわよ」と言われ、今ではすたれてしまったレーザーディスクプレーヤーを買ってもらったのも一因だったと記憶しています。 同じような境遇の方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^ゞ

しかし、ちょっと待ってください!
義理や人情で入った保険、いったい一生でどれくらいの金額を払うのでしょうか? 私が加入した22歳から60歳まで月額2万円の保険料を支払ったとすると…

2万円×12ヶ月×38年=912万円

なんと! 1000万円近い金額になります。
しかも、私が契約していた(させられていた?)保険は、「定期保険付終身保険」というもので、10年後の32歳には定期保険の部分を更新しなければ、同額の保障は得られないという保険でした。
しかも、更新するには支払う保険料は倍以上になるとのこと!
さらに、自分が死んだときには2,000万円の死亡保障があるので安心などと思っていたら、2,000万円の死亡保障は60歳までで、それ以降に死んだ場合は数百万円しか保障されないのです!

このことを知ったのは、私の同級生が外資系の生命保険会社へ転職し、「ちょっと保険証券をみせてよ」と言われ、「今入っている保険の内容はこんなんだけど。。」と説明をしてもらったときでした。
正直、「騙されたんじゃない?」という疑念が沸きましたが、逆に「何の知識もなく保険に入った自分もあさはかだった」と思いました。

今回このe-bookをつくったのは、同じような境遇の方が大勢いらっしゃるのでは?と思い、

「保険の把握」や

「保険の見直し」

をご自身で行って欲しいと感じたからです。

また、家族と話し合い、「自分や家族にあった保険」を作っていただきたいと思ったからです。
保険の必要保障額というのは、年齢や家族構成によって全く変わってきます。ぜひこの機会にお考えください。
↓   ↓
【賢い生命保険の見直し】はこちらから!!


posted by hide at 22:33| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

生命保険の責任開始期について

生命保険の申し込みをした場合、いつから保障が開始されるのでしょうか?

生命保険申込書に署名捺印した後、生命保険会社の契約が成立した場合には(1)告知あるいは診査
(2)第1回保険料充当金の払い込み
のいずれか遅い時から契約上の責任が開始します。
生命保険会社が契約上の責任を開始する時期を責任開始期と言うのです。



posted by hide at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

告知義務違反について

生命保険の告知義務は何のためにあるのでしょう?

生命保険の告知義務は、一口に言えば契約者間相互の公平性を保つためにあります。

生命保険料は、予定死亡率などにもとづいて計算されていますが、被保険者の健康状態や職業による危険度なども基に決定されています。

したがって、生命保険に加入しようとしている人が健康状態が悪かったり、危険な職業に従事している人が無条件で加入してしまった場合には、契約者の公平性が失われてしまいます。

ですから、正確な告知が必要となります。

では、告知義務違反したらどうなるのでしょうか?

生命保険会社は、被保険者に告知義務違反があった場合、契約(または復活)後2年以内ならば保険契約を解除することができます。

保険契約が解除された場合、契約者に解約返戻金が支払われますが、たとえ保険金や給付金が支払われる事由がそれ以前に発生していても、告知義務違反をした事実と因果関係がある場合は、保険金や給付金を受け取ることはできません。

しかし、下記のような場合は、保険会社は契約を解除することができません。

■契約が契約日(または復活日)から2年を超えて有効に継続した場合(期間は会社による異なる)

■会社が解除の原因を知ってから、1ヶ月以内に解除しなかった場合

上記の事はあくまでも解除ができなくなる条件なので、保険金や給付金が支払われるかどうかとは無関係。

被保険者が故意に虚偽の告知をした場合は、何年経過していようが、保険金や給付金は支払われないのです。

うっかり忘れていた場合も、保険金や給付金が受け取れない場合がありますので、すぐに生命保険会社に連絡して、告知訂正することが必要です。

生命保険にせっかく加入しても、告知義務違反で保険金や給付金が受け取れないってことは最悪です。

特に加入している生命保険を解約して、新たに加入する場合、その時点で正確に告知しましょう。新しい生命保険に万一加入できない場合は、今加入の生命保険を生かすことを考えればよいのですから。告知を安易に考えると、後で大変なことになります。
posted by hide at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

生命保険のクーリング・オフ制度

生命保険にも、申し込み後契約を撤回することができる「クーリング・オフ制度」があります。一般的には、初回の保険料充当金領収日もしくは申込日のいずれか遅い日を含めて8日以内(8日以上の会社もあります)ならば申し込みを撤回することができます。その場合、保険料は返金されます。手続きは、生命保険会社の支社か本社あてに、はがきまたは封書に下記の内容を記入捺印し、郵送することによって行いましょう。

○○生命保険会社御中
私は契約申し込みの撤回を行います。
契約者名
被保険者名
保険証券番号
申し込み日
取り扱い代理店または営業職員
平成○年○月○日
住所
氏名
<注意点>
●契約者が自筆で記入すること。
●印鑑は申込書に捺印したものと同じ印鑑を使用すること。
●申し出日は、郵便局の消印をもって判定されること。
<クーリングオフ制度が適用されない場合>
●契約にあたって医師による診査を受けた場合
●保険期間が1年以内の契約の場合
●生命保険会社の営業所などの場所で申し込みをした場合
●債務履行の担保のための保険契約である場合
●既契約の内容変更(特約の中途付加など)の場合
●法人をご契約者とする保険契約である場合
などは、この制度が適用されませんのでご注意を!

posted by hide at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

生命保険を安くする方法

生命保険料を安くする方法をいくつかご紹介します。

@「優良体(健康体)割引」を適用する
被保険者の身長・体重・血圧・尿検査等について一定の基準を満たしている場合、通常より安い保険料率を適用。

A「非喫煙者」を適用する
過去1年間(2年間とする会社もあります)タバコをを吸っていない場合に安い保険料率を適用。

B給付金や返戻金を0にしたり減額する生命保険
医療保険などで死亡時の給付金や解約時の返戻金をなくしたり、低く設定することで保険料を安くすることができます。また、終身保険などで解約返戻金を通常の終身保険より低く設定することで保険料を割安にする低解約返戻終身保険などがあります。

C通販・インターネット専用の生命保険
通販やインターネットで加入することで、割安な保険料になることがあります。

D高額契約を対象とする割引
契約する保険金額が一定額以上の場合、保険料を割り引く制度があります。

E月払いを半年払い・年払いに変更する。

F払い込み期間を延ばす。

G医療保険やがん保険など保険期間終身・払込終身払を保険期間10年・払込期間10年の更新型に変更する。

H終身保険や養老保険(貯蓄型の保険)を定期保険(掛け捨て型の保険)に変更する。
 
などいろいろ生命保険料を安くする方法があります。


*取り扱い内容は生命保険会社によって異なりますので、詳しくは生命保険会社にお問い合わせください。

生命保険はシンプルなのがイイ。「1年組み立て保険」
posted by hide at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

生命保険の転換制度について

生命保険の見直しする方法には、「転換制度」、「追加契約」、「特約の中途付加」、「新しい保険への乗換え」があります。その中でも多い「転換制度」について紹介します。
「転換制度」は現在の契約の積立金を利用して、新たな生命保険を契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を「転換(下取)価格」として、新しい契約の一部に充当します。ですから、まったく新たに契約するよりは保険料が安くなります。転換すると、以前の契約は消滅します。
「転換制度」の活用により保障内容を充実する場合、5つの注意点があります。
@同じ生命保険会社でなければ活用できません。

A新しい生命保険の保険金額が元の契約の保険金額を下回らないことなど、生命保険会社によって取扱基準が異なります。

B保険料は、転換する時点の年齢や保険料率で計算されます。以前加入した時の予定利率より低い場合、保険料が高くなる場合があります。

C新規の契約と同様に、医師による診査、告知が必要です。

D今現在の契約と転換後の終身保険(貯蓄性の高い商品)と定期保険特約(保障性の高い商品)の保険金額がどのようになっているか、よく確認しましょう。保険金額は変わらないが、終身保険(貯蓄部分)が減額されるケースがよくあります。

以上が「転換」する時注意する重要なポイントです。
posted by hide at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

終身保険はみな同じではない!!

生命保険まるわかり】今日のお話は終身保険についてです。

終身保険は、一生涯一定額の死亡・高度障害を保障する商品です。
万一の死亡または高度障害のときに死亡・高度障害保険金を受け取ることができます。
終身保険は満期保険金がありませんが、かけ続けることで蓄積性のある商品になります。
保険料の払込期間には、「有期払」、「終身払」、「一時払」の3タイプがあります。

また、終身保険には、下記のようにいろいろな種類があります。
●利差配当付き終身保険
●無配当終身保険
●低解約返戻金型終身保険
●積立利率変動型終身保険
●生存給付金付終身保険
●医療保障等共有型終身保険
●連生終身保険
終身保険の種類だけでもこんなにあります。
終身保険の種類だけでなく、保険会社により保険料がまったく違ってきます。
終身保険を見直しただけでも保険料がかなり安くなる可能性がありますよ。

あなたの終身保険はどのタイプですか?
一度証券を確認してみてはいかがですか?
posted by hide at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

特定疾病保障保険ってどんな保険?

生命保険まるわかり】今日のお話は特定疾病保障保険についてです。

特定疾病保障保険は、がん・急性心筋こうそく・脳卒中の3大成人病により、所定の状態になった場合、生存中に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れる保険です。

特定疾病保障保険は、保険期間を限定する「定期型」と一生涯保障が続く「終身型」があります。

この商品は、保険金の支払いと同時に保険契約が消滅します。

3大疾病は、医療技術の発達により治療回復するケース増えています。特定疾病保障保険は、この高額なあなたの治療費負担をカバーする保険です。

特に、親族に3大成人病にかかった人がいる方にはおすすめの保険です。

※三大成人病による所定の状態については、「ご契約のしおり―(定款)・約款」などでよく確認しましょう。生命保険会社によって異なる場合があります。
posted by hide at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

がん保険の通院給付金

生命保険まるわかり】今日のお話は、東京海上あんしん生命保険のがん保険の通院給付金について紹介します。
がん保険の通院給付金は、被保険者が責任開始始期以後の保険期間中に、がんで20日以上となる継続した入院をして、下記のすべての条件を満たす通院をされた時に支払われるということです。
@その入院の原因となったがんの治療を目的とした通院であること
Aその入院の入院日の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間およびその入院の退院日の翌日からその日を含めて180日以内の期間に行なわれた通院であること
以上です。
今ご加入のあなたのがん保険の通院給付金はいかが?







posted by hide at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。